住宅ローン借り換えにかかる諸費用は?

住宅ローンの借り換えは、ローンの元本以外にも様々な費用がかかります。
これらをすべて含めて総額を算出して現在と比較して低い金額でなければ、すべてが徒労に終わってしまいます。
では、具体的にいくらくらいの経費がかかるかを分析してみましょう。
まず、返済する銀行(元の銀行)に払う手数料が3万円、借り入れる銀行(新しい銀行)に支払う手数料が3万円、保証料(元本3,000万円の場合)60万円、登録免許税が5万円、司法書士報酬5万円で、ざっと79万円程度がかかります。
このように、借り換え諸費用の中で一番大きな割合を占めているのは「保証料」で元本の2%程度の金額になります。
いくら金利が安くても、保証料が高額なら借り換えのメリットは低くなってしまいますよね。
最近では新生銀行のように保証料を無慮にしている銀行もありますから、金利と保証料の兼ね合いを計算することも視野に入れてみてはいかがでしょうか?