フラット35金利のあわせ融資とは

フラット35は長期固定金利が見込めるところが魅力ですね。
機構財形住宅融資を併せ融資として利用すると、低金利で資金の幅を広げることが出来ます。
機構財形住宅融資の取扱いを行っている金融機関ですと、同時申し込みすることで、一部書類の提出を省略できるというメリットがあります。
フラット35は、平成24年から、必要資金の9割での貸し付けが主流となりました。
1割の頭金が用意出来る場合には問題ありませんが、全額を借り入れでスタートしたいという場合には、フラット35が利用できなくなってしまいます。
ただし、機構財形住宅融資等の合わせ融資を受けることで全額ローンでの購入でも、フラット35を利用することが出来、長期安定した金利での借り入れが可能になってきます.